更多日程安排
活动时间

 2024年8月8日--8月11日(8月7日报到)

报名时间

 2024年1月1 日- 5月31日

艺术节新闻
第14回アジア・パシフィック・ハーモニカ・フェスティバル イベントプログラム
发布者:admin  发布时间:2023/12/11 10:21:48  点击:423

  アジア・パシフィック・ハーモニカ・フェスティバルは、現在世界で******規模のハーモニカイベントの一つであり、もはやアジア・パシフィック地域に限らず、ますます多くのアジア・パシフィック地域以外の国や地域からハーモニカ愛好家が競って参加し、世界レベルのハーモニカフェスティバルとして、世界中のハーモニカ人々にとって壮大なイベントとなっている。

  1995 年、日本は世界ハーモニカフェスティバルを開催し、会議では、中国の台湾と香港、日本、シンガポール、マレーシア、韓国、中国大陸のハーモニカ関係者が共同でアジア独自のハーモニカイベントを創設することに合意し、翌年、中国の台湾地域が最初に開催され、第 1 回アジア・パシフィックハーモニカフェスティバル理事会は、アジア・パシフィックの各国(地域)が順番に主催し、2 年ごとに開催することを決めた。

  アジア・パシフィック・ハーモニカ・フェスティバルの影響力が広がるにつれ、より多くのハーモニカ関係者がイベントに参加するようになった。 2018 年に、第 12 回アジア・パシフィッ1ク・ハーモニカ・フェスティバルが北京で開催され、26 の国と地域から 2,800 人以上が参加した。イベントは、公演、コンサート、講座、トレーニング、マスタークラスなどさまざまな形態で行われている。アジア・パシフィック・ハーモニカ・フェスティバルは、アジア・パシフィック地域、ひいては世界中のハーモニカ音楽の発展を強力に推進してきた。ハーモニカ文化を振興し、ハーモニカ音楽事業の発展を引き続き促進するために、中国ポピュラー音楽協会のハーモニカ専門委員会は、2024 年 8 月 8 日~8 月 11 日に江蘇省江陰市で第 14 回アジア・パシフィック・ハーモニカ・フェスティバルを開催することを決定した。

1. 組織機構

主催者:

スポンサー:

共催者:

2. 開催期間・場所

期間:2024 年 8 月 8 日〜11 日(8 月 7 日登録)

場所:江蘇省江陰市華西村龍希国際ホテル

3.イベントの内容

*ハーモニカ試合

*ハーモニカ講座

*ハーモニカ教師トレーニング

*ハーモニカマスタークラス

*入場式コンサート

*閉会式コンサート

*マスターコンサート

*ジャズコンサート

*ハーモニカ試験

4.公演活動:

(1)公演グループの年齢

A. 幼児グループ

6 歳(含む)未満-2018 年 8 月 8 日以降に生まれた人。

B. 少年グループ

6 歳以上 13 歳(含む)未満—2011 年 8 月 8 日(8 月 8 日を含む)から 2018 年 8 月 7 日までに生まれた人。

C. 青少年グループ

12 歳以上 18 歳(含む)未満—2006 年 8 月 8 日(8 月 8 日を含む)から 2012 年 8 月 7 日までに生まれた人。

D. 公開グループ

年齢制限無し。

E. 楽齢グループ

60 歳(含む)以上で、1964 年 8 月 8 日(8 月 8 日を含む)以前に生まれた人。

F. 創意グループ:

年齢制限無し。

G. 複音ハーモニカソロ(伴奏付き)

(1). 学生グループ(18 歳未満)—2006 年 8 月 9 日(8 月 9 日を含む)以降に生ま

れた人;

(2).大人グループ(18 歳以上))-2006 年 8 月 8 日(8 月 8 日を含む)以前に生まれ

た人。

(新規公演項目)

H.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシック

年齢制限無し(この公演は、賞金を設定され、指定曲+自選曲で、審査員と出演特別ゲストは、この試合に参加できるが、参加費を支払う必要があり、通行証の費用は免除される)。

I.「EASTTOP 東方鼎」複音ハーモニカクラシック

年齢制限無し(この公演は、賞金を設定され、指定曲+自選曲で、審査員と出演特別ゲストは、この試合に参加できるが、参加費を支払う必要があり、通行証の費用は免除される)。

(2)各年齢グループ間の組み合わせ:

A. 幼児グループ、少年グループ、青少年グループの組み合わせは、年長のグループに基づき、2011 年 8 月 8 日(8 月 8 日を含む)から 2012 年 8 月 7 日の間に生まれた人は、小学生は少年グループ、中学生は青少年グループを選択できる。

B. 18 歳から 60 歳(含まない)まで組み合わせがある場合は、公開グループに参加する;

(3)公演項目

A. クロマチックハーモニカソロ

B. 複音ハーモニカソロ

C. 10 ホールズハーモニカソロ

D. デュエット

E. トリオ

F. 室内楽

G. 小アンサンブル

H. グランドアンサンブル

I.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシック

J.「EASTTOP 東方鼎」複音ハーモニカクラシック

(4)公演のルール

A.ソロ

1. クロマチックハーモニカソロ

2.10 ホールズハーモニカソロ

3. 複音ハーモニカソロ(伴奏付き)

4.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシック

上記 4 項目については、ハーモニカ以外の1名伴奏者を追加することができ、又は伴奏に合わせて自分の演奏機器を持参することもできる。大会はピアノを提供し、その他の伴奏楽器は参加者が用意する必要がある。

5.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシック、指定曲+自選曲:

指定曲:「夢東方」作曲:梅広釗博士;

6.「EASTTOP 東方鼎」複音ハーモニカクラシック、指定曲+自選曲:

 指定曲:「江陰暢想」作曲:梅広釗博士;

7.複音ハーモニカソロ

 伴奏楽器や CD などを持ってはいけない。

B.エンセンブル

1. デュエット

参加人数は 2 人、ハーモニカに限定され、音楽には少なくとも 2 つの声部がある;

2. トリオ

参加人数は 3 人、ハーモニカに限定され、音楽には少なくとも3つの声部がある;

3. 室内楽

参加人数は 4〜6 人、ハーモニカに限定され、音楽には少なくとも 4 つの声部があり、指揮者はいられない;

4. 小アンサンブル

参加人数は 7〜14 人、ハーモニカに限定され、音楽には少なくとも 4 つの声部があり、指揮者はいられない;

5. グランドアンサンブル:

参加人数は 15 人(含む)以上で、ハーモニカ以外の楽器は総人数の 5 分の 1 を超えてはならず、音楽には少なくとも 5 つの声部があり、指揮者がいることができ、指揮者は総数に含まれていない。

C. 参加者は年齢グループ別にすべての試合に参加できるが、異なる年齢グループの同じ項目に 1 回しか参加できない(例えば:参加者 A と B が楽齢グループのデュエットに参加した場合、A と C は他のグループのデュエットには参加できないが、A はトリオと室内楽に参加できる)(例えば、参加者 A が公開グループのクロマチックハーモニカソロに参加した場合、A はどのグループのクロマチックハーモニカソロにも再び参加できない)。

D. 創意グループでは、ハーモニカでメイン楽器として演奏する人が少なくとも 1 人いる。

E.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシック、「EASTTOP 東方鼎」複音ハーモニカクラシックは、年齢と身分制限無し、審査員と出演特別ゲストは、この試合に参加できるが、参加費を支払う必要があり、通行証の費用は免除される。

F. 公演の順番は申し込みの順に並び替えられ、先に申し込んだ人は後から出場する。決勝戦の出場順は、本来の予選の出場順に並べる。

G. ソロとアンサンブル項目は予選を設置し、小アンサンブルとグランドアンサンブルが直接決勝する。

H. 各グループのソロ・アンサンブル項目に参加するユニット数が 25(25 を含む)を超えた場合、大会が状況に応じて試合を予選と決勝に分ける。予選では****** 10 名の参加ユニットが決勝に進出する。

I.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシック、「EASTTOP 東方鼎」複音ハーモニカクラシックは予選で完全な指定曲を演奏し、決勝で完全な指定曲+自選曲を演奏する(自選曲の時間は 6 分を超えてはならない)。

J. 参加ユニット数が 5 未満の場合は、そのグループの試合に対して金賞と銀賞のみが設定される(小アンサンブルとグランドアンサンブルを除く)。

K. 演奏される指定曲が大会の発表と一致しない場合、ポイントは付与されず、全てのグループで演奏される自選曲が申し込んだ時に一致しない対して平均スコアから 2 ポイントが差し引かれる。

L. 指定曲は、大会のバージョン(発表された指定曲の内容に従う)に準じて全曲を演奏するものとし、発表時に他の演奏箇所やバージョン備考がある場合は、その備考に従って取り扱われる)、無断で変更することはできず、違反があった場合は審査員が情状酌量してに減点する。

(5)試合時間

A. ソロとアンサンブルの予選時間は 2 分(指定曲がある項目を除く、完全な指定曲を演奏する必要がある)、決勝時間は 6 分で、発音の始まりをタイミング起点とし、伴奏付きの試合は音楽が鳴るとタイミングする。 小アンサンブルとグランドアンサンブルの決勝時間は 8 分とし、それらの座席、譜面台、マイクの配置とサウンドチェックの時間はそれぞれ 4 分と 8 分を超えないものとする。試合時間が長くなりすぎないように、8 分間の演奏時間から超過分を差し引くこと。参加者は、舞台に上がった後、口実で発音せずに公演を遅らせることは認められず、司会者から 3 回催促されても発音しない者は、緊急時に試合会場の主管者の同意を得た場合を除き、参加資格を取り消すこと。公演停止するとタイミング終了する。

B. 大会は、参加ユニット数が多いため、演奏の制限時間を短縮する最終権利を留保する。予選で指定曲がない場合は、自選曲から任意の分段を 2 分間演奏すること。指定曲がある場合は、その音楽全体を演奏する必要がある。

C. 時間切れになるまでベルを鳴らさず、終わった時点でベルが鳴り終わると演奏を停止し、演奏を続けると減点が始まり、延長 1 分ごとに合計平均スコアから2ポイントが差し引かれる。

(6)器材

A. 大会はクロマチックハーモニカソロ、10 ホールズハーモニカソロ、グランドアンサンブルとトレモロソロのみに伴奏があり、「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシックにピアノなどの伴奏楽器を提供する(ピアノなどの伴奏楽器が必要とする個人とチームが、申し込みの際には必ず説明し、ピアノは無料で提供し、その他の楽器はレンタル料金を支払う必要がある)。

B. 参加者は 10 ホールズハーモニカソロ、クロマチックハーモニカソ、複音ハーモニカ伴奏付きソロ、「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシックで、持参または大会が提供される伴奏再生設備を使用することができ、伴奏音楽について、参加者は携帯電話や U ディスクなどのプレーヤーを持参し、大会では他の装置を提供せず、立体 AudioФ3.5 m 音源プラグのみを提供し、プレーヤーは自分で操作し、読み取れない場合は、参加者は自分で責任を負うこと。ソロの参加者は自分で専任者を

用意して伴奏音楽の音量を調整し、又は現場スタッフに調整してもらうこともできる(音量が適切でないリスクは自負して、抗議できない)。

C. 小アンサンブルとグランドアンサンブルは、大会が提供するオーディオと増幅機器のみを使用できる。ソロやアンサンブル演奏では、増幅機器を使ってはいけない。

D. 大会では、グランドアンサンブルに****** 8 本のマイク、コードマイクジャックとベースマイクジャックを各4本を提供し、小アンサンブルに******4本のマイク、コードハーモニカマイクジャックとベースハーモニカマイクジャックを各2本を提供し、コードハーモニカマイクとベースハーモニカマイクは参加者が持参する必要がある。また、参加者はマイクの位置を調整できるが、音量を自分で調整することはできない。他の試合項目では、あらゆる種類のオーディオまたは増幅機器の使用が禁止され、違反した場合は、合計平均スコアから 5 ポイント減点される(創意グループを除く)。

E. 大会では、コンクールの参加者数に応じて、十分な座席と****** 50 台の譜面台が提供される。

F. 大会は、参加者の組み合わせ、増幅機器、楽器、機材の制限の審査について最終決定権利を留保する。

(7)採点基準

A. 創意グループの採点基準:音楽性30%、クリエイティビティ 30%、テクニック 30%、ステージマナー 10%。

B. その他の項目の採点基準:音楽性 40%、テクニック 30%、難易度 20%、ステージマナー 10%

C.審査員数:各グループに 5~9 名の審査員を置き、採点範囲は 65~99 点とし、最高点と最低点を除いた他の審査員の平均点(小数点以下 1 桁は保持)を取る。

D.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシックでは、ピアノを使用して伴奏する場合は、5 点加算され、この項目の合計点数は 105 点である。

(8)名誉設定

A. 賞は最高得点のトップ 3 という第 1 位、第 2 位、第 3 位を各1名除き、その他の参加者は平均点範囲(80 点以上が金賞、80 点以下が銀賞)に基づくこと。

B. より多くの小学生の参加を促すため、少年グループのクロマチックハーモニカソロで最高得点のトップ 6 名に奨励を授与し、即ち第 1 位1名、第2位 2 名タイ、第3 位 3 名タイで、賞品は従来と同じである。

C. トップ 3 名には褒賞が授与され、賞品はハーモニカ+証明書+トロフィー+メダルとなり、クラシックイベントにはボーナスが設置される。

第 1 位:東方鼎ラップソディ(アルミグリッド)ハーモニカ一匹、価値 RMB1800元相当;

第 2 位:東方鼎 EMP-12(アルミグリッド)ハーモニカ一匹、価値 RMB888 元相当;

第 3 位:東方鼎 T-21 S 2.0 ハーモニカペア(C と#C)、価値 RMB600 元/ペア相当;

D.「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシックと「EASTTOP 東方鼎」複音ハーモニカクラシックの賞品は、ハーモニカ+証明書+トロフィー+メダル+賞金となる:

第 1 位:20000 元(RMB)

第 2 位:10000 元(RMB)

第 3 位:5000 元(RMB)

(クラシックのトップ 3 位は授与されるハーモニカが他の項目と同じ)

E. 大会は、優れた組織賞と最優秀指導賞を優秀チームに提供し、必要とするチームは申込み時に組織委員会に説明すること。

(9)注意事項

A.試合場所の外に設けられた受付所は試合開始の 30 分前に開放され、指揮者または参加者代表が参加者通行証を持参し、試合前に登録する必要がある。

B. 試合に参加する時は出場順に出場しなければならず、試合の日程を遅らせては11ならない。遅刻した参加者は 3 回の点呼で届かないと参加資格がなくなり、但し、突発的な状況があれば、試合会場のディレクターの同意を得るとこの限りではない。

C. 決勝に進出した参加者のリストは、該当グループの予選終了後に大会フロントの掲示板に掲示され、決勝の結果は大会閉会式で公表される。参加者は試合の結果に異議がある場合、結果が公表されてから 1 時間以内に(抗議及び控訴表)記入して大会フロントに提出し、期限が過ぎた場合は受け付けない。

D. ソロの伴奏者もグランドアンサンブルの指揮者も年齢制限はなく、選手としてもなく、受賞証明書を提供していない。参加費を支払う必要がないが、通行証の費用は必要である。大会は選手資格の最終決定権を保留する。

E. 決勝に進出した各グループのトップ 3 人以外の者は、閉会式後に大会フロントで証明書を受け取ってください。2 人以上のグループの証明書はリーダーが署名して受け取る必要がある。

F. 重奏、アンサンブル項目について、受賞証明書はチームとチームメンバーに提供され、トロフィー、メダル、受賞ハーモニカはチームに 1 つずつしか提供されない。チームメンバーは必要に応じて、組織委員会に費用を払ってから(メダル 25 元/枚、トロフィー100 元/個、ハーモニカ:第 1 位 1800 元、第 2 位 888 元、第 3 位 600 元)、ハーモニカフェスティバル終了後に郵送で提供され、郵便料金は自分で支払うこと。

G. 大会は、すべての関連する受賞品や証明書は郵送せず、ハーモニカフェスティバルの閉幕前に領収されてない受賞品や証明書は破棄するので、現場で受け取るよう担当者を手配してください。

H. 参加者(同伴する保護者を含む)は、ハーモニカフェスティバル期間中の交通費、宿泊費、その他の費用を自己負担し、組織委員会は関連情報の提供を補助する。

I. 自己都合により試合に参加できない方には返金しない。

J. 通行証は塗り替えることも借りることもできず、ハーモニカフェスティバルの期間中、大会のスタッフは、いつでも ID カードをチェックして通行証と参加カードを確認する権利があり、証明書の借用が発覚した場合、参加資格を取り消し、通行証は没収され、会場から連れ出される。関連書類なしでハーモニカフェスティバルの関連場所への入場は許可されていない。

K.すべてのゲストと審査員は、組織委員会より一括して生命傷害保険に加入し、その他の参加者は各自で保険に加入してください。

L.不可抗力によりイベントが中止または延期となった場合、組織委員会は公式ウェブサイトにて関連情報を公表する。

(10)、料金標準

通行証費用:500 元/人。

項目費:ソロ(クロマチックハーモニカソロ、複音ハーモニカソロ、10 ホールズハーモニカソロ、複音伴奏付きハーモニカソロ)120 元/人回;

 創意グループは 120 元/人;

 「白燕生カップ」クロマチックハーモニカクラシック 200 元/人回;

 「EASTTOP 東方鼎」複音ハーモニカクラシック 200 元/人回;、

 重奏(デュエット、トリオ、室内楽)100 元/人回;

 小アンサンブル 50 元/人回で、最高 500 元;

 グランドアンサンブル 50 元/人回で、最高 1000 元。

注:A.審査ゲストはクラシックに参加でき、参加費のみが請求され、通行証が必要ではない;

B.小中学校の団体で参加する場合、30 人(30 人含む)以上で、引率教師1 人の通行証費用を免除する;

C.小中学校の団体で参加する場合、50 人(50 人含む)以上で、引率教師 2人の通行証費用を免除する;

D.小中学校の団体で参加する場合、70 人(70 人含む)以上で、引率教師 3人の通行証費用を免除する;

E.2024 年 3 月 31 日までに申し込むと通行証の 8 割引を受けることができ、すなわち 400 元/人;

F. 中国ポピュラー音楽協会のハーモニカ専門委員会ポピュラーハーモニカ楽団10 人以上(協会会員でなければならない)は 2024 年 5 月 31 日までに申し込むと通行証 7.5 割引を受けることができる(この割引は 2024 年 3 月 31 日までに申し込み割引と重複してはならない)。

5.申し込みについて

期間:2024 年 1 月 1 日-5 月 31 日

サイト:www.aphf2024.com

メールアドレス:aphf2024@vip.163.com(中国語)

        3008510826@qq.com(英語)

14問い合わせ電話:施栄-18101529009(中国語の連絡先、WeChat は同じ番号)

         李佳-18018330200(英語の連絡先、WeChat は同じ番号)

    
Copyright (c) 江苏东方乐器有限公司 All reserved. 苏ICP备05018074号-6
地址:江苏省江阴市祝塘镇云顾路8号 邮编:214000 电话:0510-86380000 传真:0510-86384221
网址::www.hxharmonica.com / ytharmonica.com / aphfoc.com

苏公网安备 32028102000395号